Home

ノンプリズムトータルステーション 「TSS−200シリーズ」商品説明






圧倒的なコストパフォーマンスを実現した
ノンプリズムトータルステーション


PDFカタログ




ノンプリズム測距機能
ノンプリズム測距約200m。立ち入りが困難な場所や交通量が多い場所など、直接プリズムを設置できない状況でも測定可能。
例えば現況測量において、建物の高さの測定や隣接建物の測定等、測点位置まで行かなくても測定が可能です。
プリズムを使用して更に遠距離測定
もちろんプリズムや反射シートによる測距も可能。測定可能範囲は、手軽な反射シートで約800m。(STS製反射シートRF-53での測定可能範囲は約600m)ミニプリズムで約1800m。1素子プリズムを使用した場合は、約4000mまでの測定が可能です。(遠距離測距モード時)
信頼の補正機構
自動補正機構により、本体の傾きを検知し高度角を補正します。更にはコリメーション機構で、望遠鏡視準軸の誤差を補正する為、常に高精度な測定が可能です。
大容量メモリ
内部メモリに約50,000点の測定データを記録保存する事が可能です。また、RS232CケーブルにてPCとのデータの入出力が可能です。
小径・可視光レーザでピンポイント測距
レーザはパルスレーザでピンポイントに距離測定が可能。 80m先で約φ15mmのレーザポイント(ノンプリモード選択時の光量が強い時)で、フェンス越しや壁の角、入射角が浅いマンホールでもレーザが拡散しない為、正確に測定可能です。
日本語表示のバックライト付液晶ディスプレイ 両面配置
日本語表示で見やすく解かりやすい大型液晶ディスプレイを本体両面に配置。また、ファンクションキーの割り当てが変更可能な為、よく使う機能をボタン1つで呼び出す事が可能です。
レーザポイント照射機能
可視光のレーザポイントを連続で照射可能。室内工事等の至近距離の視準において、おおまかな視準方向を決定する際に大変便利です。
アブソリュートエンコーダー搭載
鉛直角ゼロセットが不要な為、素早く作業を開始可能。また安定した測角精度により高精度な測定が可能です。
多彩なプログラムを搭載
3次元座標測定、杭打測定、オフセット測定、対辺測定、REM測定、後方交会、面積計算、倍角計算、幅杭と、多彩なプログラムを搭載。
充電電池2個 標準装備
電源は便利な充電電池を採用。標準で2セット付属する為、万が一のバッテリー切れにも安心です。
選べるラインナップ
TSS-200シリーズでは測角精度3″と5″のモデルをラインナップ。また、最小表示は全モデル1″/5″/10″の切替式です。